M・U・S・I・C
[ ギター演奏 & MIDI ]
Top Pageへもどる 
MP3
4 Classic
4 Folkrole
4 etc

 
MIDI
4 Original
4 Ensemble
4 Guitar Solo
4 etc

■エルガー/愛の挨拶 op.12    
     MP3ファイル (3.17MB)
エルガーのピアノの生徒で、後に妻となるアリスに婚約記念として贈ったとされるピアノ作品。 ピアノ独奏用だけでなく、ヴァイオリンとピアノ、小編成管弦楽用などにも編曲されました。
今回初めて、フルートとのコラボレーションとしてこの曲を取り上げました。
フルートとギターアンサンブルによる演奏はほとんど無いのではないかと思います。


 

■ファリャ/粉屋の踊り (バレエ音楽「三角帽子」より)    
     MP3ファイル (3.76MB)
「粉屋の踊り」は、バレエ「三角帽子」で、粉屋の主人が踊るファールカというアンダルシアの民族舞曲。
歯切れのいいリズムが印象深く、独特の和音もスペインの香りにあふれていて、激しい熱情を感じさせる曲です。
もともとはオーケストラが演奏するバレエ音楽ですが、 オーケストラとはちがった味わいをギターで出したいと思い、 ギターのいろいろな演奏法を駆使してチャレンジしてみました。


 

■グラナドス/オリエンタル (スペイン舞曲 第2番)    
     MP3ファイル (6.19MB)
「オリエンタル」は、全12曲からなる「スペイン舞曲集 op.37」の第2番。しっとりとしたメランコリックな作品です。
オリジナルはピアノ曲ですが、哀愁ただよう旋律はギターにも大変よく合います。
「スペイン舞曲集」でもっとも知られているのは第5番「アンダルーサ」でしょう。多くのギタリストたちが独奏や二重奏でとりあげています。
しかし、この「オリエンタル」も負けず劣らずたいへん魅力的な作品で、スペイン的な雰囲気と中東音楽にみられる独特のメロディがみごとに融合していると思います。


 

■ラヴェル/ボレロ
     MP3ファイル (807KB)
ラヴェルの書いた超有名な曲です。TV番組やCMでも数え切れないぐらいに取り上げられています。
ボレロという独特のリズム。オーケストラのさまざまな楽器によって単純素朴なメロディが何度も繰り返され、次第に盛り上がって大音響・大迫力のクライマックスを迎える、という曲です。
音量の小さいギターにとってはかなり難しい曲でした。
今回のアレンジでは、導入部分をピチカートで静かにスタートし、コーダ部分はストロークとボディの叩き(タンボーラやパーム)を入れて、できるだけ迫力が感じられるようにしました。 曲全体の構成は押尾コータローの演奏を参考にしています。ギター合奏用楽譜の作成にあたっては原曲のオーケストラ譜を元にしましたが、部分的にピアノ連弾の楽譜も参考にしてみました。


 

■ドビュッシー/夢
     MP3ファイル (930KB)
「二つのアラベスク」と同じ年に出版されたドビュッシー初期の小品です。 後の作品にくらべると、はっきりとした調性感のあるロマンチックな曲想ですが、その中にも斬新な和声が顔をのぞかせています。
今回、このピアノ独奏曲を4パート編成でのギター合奏用にアレンジしました。ピアノの響きに近づけるため、できるだけ音を伸ばしてドビュッシーならではの和声が十分に響くようにしました。
またハープ独奏による演奏やシンセサイザー(富田勲)での演奏も参考にしてみました。どの辺を参考にしているか、皆さん分かりますか?


 

■ビゼー/ハバネラ (歌劇「カルメン」より)
     MP3ファイル (518KB)
ハバネラは「ハバナの踊り」という意味で、付点リズムに特徴のあるゆるやかな4分の2拍子の舞曲。 本来はイギリスの田舎舞曲だったものがスペイン経由でキューバに伝えられて形作られました。
ビゼーは一度もスペインに行ったことがないのにスペインの曲を多く残したことで有名ですが、 この歌劇「カルメン」に登場するハバネラにはさらにウラ話があります。
「カルメン」の初演準備中に、カルメン役の人気歌手からビゼーの書いたハバネラにいろいろとうるさく注文がつけられていました。 困り果てたビゼーがたまたま目にしたスペインの作曲家S・イラディエルの「ハバナの歌」という曲を取り上げ、 これに手を加えてようやくカルメン役からOKがもらえました。もちろん後で曲の原作者ともめたらしいです。


 

■ビゼー/スパニッシュ・セレナーデ
     MP3ファイル (627KB)
セレナードと言えば、窓辺の下で恋人に語りかける歌、ゆっくりとした甘美なメロディを持つ歌というイメージが普通です。 しかしこのスパニッシュセレナーデは、いかにもスペイン的な激しい情熱に包まれた雰囲気があります。
もともとは歌曲として作られましたが、リズムや旋律が声楽的というよりも器楽的であるためか、 オーケストラやアンサンブルで演奏されることが多いようです。
今回の編曲にあたっては、ピアノ伴奏付きヴァイオリン独奏の楽譜やマンドリン合奏の楽譜を参考にしました。


 

■J.シュトラウス/ピチカート・ポルカ
     MP3ファイル (540KB)
始めから終わりまで、弦楽器のピチカート奏法だけで演奏される曲。 ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートでもときどき取り上げられる名曲です。
ギターにもピチカート奏法がありますが、普通は手のひらを弦に押しつけて音を詰まらせるやり方をとります。 しかしこれですと、テンポの速い曲はかなりキツイので、今回私たちはギターにウレタンや布の「弱音器」をつけて演奏しました。 ギターの弾き方としては普段と何も変わらないので、大変楽に演奏ができました。
ちなみに、私が使ったウレタンのものは、近所のホームセンターで買ってきたもので、ドアなどの隙間をうめるためのものでした。 費用もたったの180円というスグレもの(?)です。


 

■フォーレ/シシリエンヌ (組曲「ペレアスとメリザンド」より)
     MP3ファイル (720KB)
シシリエンヌとは、シチリアーノとかシチリア舞曲と呼ばれる、その名のとおりイタリアのシチリアを起源とする牧歌的な感じの曲です。 この曲はおもに管弦楽で演奏されますが、もともとはチェロとピアノ用に書かれたものだそうです。


 

■チャイコフスキー/あし笛の踊り(組曲「くるみ割り人形」より)
     MP3ファイル (459KB)
ある貧しい家の少女マリーが、クリスマスの贈り物としてくるみ割り人形をもらったことからこの物語が始まる。 それがホフマンのおとぎ話「くるみ割り人形と二十日鼠の王様」。 それに曲をつけてバレーを上演するために作られたのがこの組曲です。 その中でもたいへん愛らしい曲として有名です。


 

■サティ/ジュ・トゥ・ヴ
     MP3ファイル (954KB)
とても軽快なワルツで、ジムノペディと並んで良く知られているサティのピアノ曲。
福島市音楽堂大ホールでの演奏です。多少のミスもホールの響きがカバーしてくれているようです。


 


 

(C) 2000 ARCADIA Guitar Ensemble , since 1985