WHAT'S ARCADIA
 ●メンバーへのインタビュー Top Pageへもどる 

ギターを始めたキッカケとは?

 

 TOSHIO 「キホン的に初めてギターを見たのは小学生のときだったかな。いとこが弾いていたんだ。で、中学になって、友達が「禁じられた遊び」を弾いたのを見て、自分もやってみたくなった。すぐにギターを手に入れて、友達と教えあったりしたな。キホン的に本を見ながらだったから、毎日シコウサクゴでやってたんだよね。本格的にやるようになったのは、社会人になってから。上原雄二先生に師事して、何年かやっているうちに、ここ(福島)でギター教室を開いていた。まぁ、生徒の中からプロミュージシャンが何人か出たのがチョットだけ自慢できるかな」
 
 
 KATSUMI 「ボクチンも小学生のとき。マンガ本の通信販売でレコード買って、それに入っていた「禁じられた遊び」にカンドー。ほんで、中学の文化祭でバンドをやっていたの見て「カッコイイーッ」と思ったのがキッカケ。親にせがんで安いギターを買ってもらいました。が、しかし、独学でやっていたもんだから、まったく進歩せず。そこで、渡辺俊夫ギター教室(上記)に通うようになったわけ。それでも上手くならなかったから、月謝を踏み倒してやめちゃった。なのに、このアンサンブルに誘ってもらって、感謝感謝です、先生っ」
 
 
 ATSUKO 「ウチの姉ちゃんが、川俣レディースギターアンサンブルで演奏していたのがキッカケでー、その頃、見よう見まねでギターをさわり始めましたワ。それでー、アタシもそこに入って、長沼康光先生に習ったりして、コスキン・エン・ハポンのステージに立ってしまったというわけ。あるとき、長沼先生の例会があってー、そこの野外ステージで俊夫先生に会ったのが運のツキ。(その後、勤務先にアンサンブル勧誘のメモを残したら、意外にも来てしまった。…by toshio)」
 
 
 MICHIKO 「兄が高校のとき家でよくギターを弾いていた、というのと、片思いのカレがやっぱりギターを弾いていたというのがあって、興味が出てきたんですよ。短大で、クラシックのギタークラブに入って本格的に始めるようになったのね。結婚後も蓬莱ギタークラブで弾いていたとき、俊夫先生が指導に来てたんですよねぇ。その後やめてからしばらくやってなかったんだけど、またやってみたくなって、今度は渡利公民館のギター教室に行ったら、入れてもらえなかったのでコッチに来ました」
 
 
 KEIKO 「子供の頃から音楽が好きたったので、何か楽器を弾いてみたいと思ってて。それで高校の部活でギター部に入り、ギター合奏を始めるようになったんです。かなり夢中になってギターを弾きまくりました。社会人になってからも、ギターをガンガン弾いてみたいと思っていて、アルカディアに入ることにしました」
 
 
 AKINOBU 「高校の音楽室にギターが置いてあったので、放課後、遊びで音を鳴らしていたのがキッカケ。ギターを買ってもらってすぐ『アルハンブラの思い出』にチャレンジ。はっきり言って無謀です。(この曲、初めて聴いたときは2人で演奏していると思っていた) その後、大学でギター合奏の面白さを知り、社会人になっても忘れられずにいたところ、俊夫先生にアンサンブル結成の話を持ちかけたんです。それからちょうど1年後にこのアンサンブルができたんですネ」
 
 
 TETSUYA 「中学のとき、親に勧められてギター部に入ったことがきっかけです。その後、大学でもギターアンサンブルに所属し、チェンバロギターを導入したり、コンマスを務めたりもしました。アルカディアギターアンサンブルには、このホームページを見てメールで連絡を取り、メンバーとして迎えていただきました。しかも驚いたことに、メンバーのひとりAWさんが同じ大学で同じギター部の先輩だったことがしばらくしてから分かったのです。まさに奇遇とはこのこと。やっぱり日本は狭い国ですね」
 
 
 AKIHIRO 「高校入試の合格祝いとしてギターを買ってもらったのがキッカケです。大学のときには『禁じられた遊び』を自分なりに練習したんですが、まったく上達せず。社会人になってからは『酒とバラの日々』とか練習してましたが、もっとうまく弾きたいなぁと思っているときに、ネットでアルカディアのHPを見つけました。メールを出したら見学OKとのことだったので、さっそく行ってみたら、皆さん上手な人たちばかりで・・・。なのに皆さん、初心者のボクを快く迎えてくれました!」
 
 
 NAOMI 「子供の頃にピアノをやってたんですけど、家にあった古いギターを見て、ピアノよりギターの方がカンタンじゃないかなーと思って始めました。ところが、やっぱりギターも難しかった。それでギター教室に通うようになりました。大学時代はマンドリンクラブに入り、ギターを弾こうと思ってましたが、ギターパートの人数が多すぎてマンドリンに回されてしまいました。仕事の関係で福島に来てから仕事ばかりの毎日でなんとなく物足りなさを感じていたとき、アルカディアのHPにたどりつき、見学させてもらいました。楽しそうだったのでさっそくメンバーにしてもらいました」
 
 

 

 


(C) 2000 ARCADIA Guitar Ensemble , since 1985