フォルクローレの祭典「コスキン」
 ●今年のコスキン・エン・ハポン Top Pageへもどる 

COSQUIN EN JAPON 2001

 

国内最大のフォルクローレフェスティバル「コスキン・エン・ハポン 2001」にて
当アンサンブルは、10月13日(土)61番目に演奏しました。

今年の正面ゲートはこんなカンジ 今回から、午後1時スタートになりました。
出場チームが151組となり、しかもゲストが3チーム出演し、素晴らしい演奏をたっぷりと聴かせてくれることもあって、2日間の中ではかなりキツイ進行になってしまうからのようです。

ゲストは、本場アルゼンチンから、チャカレラの第一人者ファン・カルロス・カラバハル。男声ハーモニーの魅力を堪能することができました。
そして、アルパの志賀昭裕、タンゴの小原みなみ。志賀さんは、東京でアルパの教室を主宰しているとのことで、生徒さんの中にあの榊原郁恵サンがいるそうです。
川俣中央公民館前の広場 この広場では、どのチームも争うように、あちらこちらで演奏を続けています。いろんな曲が混ざって耳に飛び込んできます。
「お祭りさわぎ」とはまさしくこんなカンジかな?
コスキン・エン・ハポン2001のポスター このガラスの向こう側(つまり公民館のロビー)では、売店がフォルクローレの楽器やCD、衣装、小物などいろいろな物を並べていて、見てるだけでも飽きさせません。いつも人でごったがえしています。
演奏風景1 演奏後のインタビューで、おそろいの真っ赤なポンチョについての話題があがっていました。何年か前に、このコスキンの売店で購入したとのことです。

後で売店をのぞきに行ってみたら、さすがに同じデザインのものは置いてありませんでしたが、似たようなものが8,000円で販売されていました。(ということは6人分で48,000円かぁ)
演奏風景2 こちらは、全員、白いトレーナーに「牛」という字が大きく書かれた手作りの衣装でした。

演奏はもちろんのこと、このような衣装にも各チームの個性がハッキリと出ています。これもコスキンの面白さのひとつですね。
そういえば、私たちもみんなで青いトレーナーを着て演奏したこともあったなぁ。あの頃は若かった…。
出演者・観客・地元の方々でいっぱいのホール 壁には、毎年制作されてきたポスターが順に展示されています。
RIO JINBO氏のデザインは、いつもこのようなポスターやパンフレットの表紙を飾っていますが、今年はシルクのスカーフにも登場し会場内の売店で販売されていました。

写真の左上に見える2階通路では、進行係の方が出演者の呼び出しや出演順のチェックなどをされています。本当にいつもご苦労さまです。
ここを右の方へ進み、下り階段を降りていくとステージのソデに行くことができます。(もちろん関係者以外立ち入り禁止)
私たちの演奏の様子 今年は、午後11時30分頃にやっと出番が回ってきました。こんな時間なのに客席は、やはりいっぱいのまま。
つたない演奏にもかかわらず、たくさんの拍手をいただくことができました。

また、司会の方からも、おホメ(?)の言葉をかけていただき感激してしまいました。(けっこうプラス思考なもんですから)
 
●1曲目:ルビー・アダリオ「我が祖国の想い出」
●2曲目:ルシア塩満/ルイス・サルトール「黄昏色の秋」
 

第2日目にもゲスト3組の演奏があったので、午前中から会場へ足を運びました。
演奏後、公民館の裏手にある駐車場でお弁当を食べていたら、
Las Palmerasの瀬賀倫夫さんが運転する車に、
ファン・カルロス・カラバハルさんたちが乗って会場をあとにするところでした。
ウチの家族全員に快く握手してくれました。またまた感激です。(^_^)

 


(C) 2000 ARCADIA Guitar Ensemble , since 1985