■ノッキング(仮称)
[音色を聴く]   [画像ON] [画像OFF]
ギターは弦を弾くだけではありません。ボディーを叩けば打楽器の効果も出せるのです。
叩き方や叩く場所によっていろいろな音が出せます。
・中指の第2関節で、ボディ側面を叩く方法…ドアをノックするのと同じで、小気味良い音が出ます。
・指の腹で、表面板を叩く方法…太鼓のような響きになります。
・爪で、表面板を叩く方法…タップのような感じ?かな
 
■タンボーラ
[音色を聴く]   [画像ON] [画像OFF]
今度は弦を叩く奏法です。左手でコードを押さえれば、和音と打楽器効果が同時に出せるお得な技です。(^_^;)
以前、シュトラウスの「春の声」で、最後のクライマックスに使いました。その演奏を聞いていたプロの指揮者の方に、どうやって弾いたのかと質問されたことがあって、チョットうれしかったな。
弾き方は、駒の近くの弦を、手首のスナップをきかせてP(親指)で叩きます。
よく響かせるコツは、叩いたら直ぐにPを弦から離すこと。
 
■タブレット
[音色を聴く]   [画像ON] [画像OFF]
これも小太鼓の音です。確か小学校にあった、太鼓の膜に細かい鎖がのっかってたヤツ。そんな音がします。
実はアンサンブルでは使ったことがありませんが、いずれは取り入れてみたいと思っています。
独奏曲では、低音弦でこの音を出し、高音弦でメロディを弾くといった曲があります。
弾き方は、7か8フレットあたりで、6弦を5弦の上に重ねて弾きます。けっこう力が必要です。
なお、右の写真は「構え方」であって、「弾き方」ではありません。くれぐれもお間違えなく。
このように構えてから、右手の指で5弦と6弦を一緒に鳴らします。
 
 

 

Be Contenue . . .

(C) 2000 ARCADIA Guitar Ensemble , since 1985