■ふつうの弾き方
[音色を聴く]   [画像ON] [画像OFF]
もっとも一般的な弾き方。あまりにも当たり前なので、かえって説明するのが難しい。(^_^;)
音を聞いてもらえば「あぁ、ギターだネ」と思うはず。
指の位置は、駒に近い方のサウンドホールの端。
つまり、初めての人でもごくふつうにギターを構えたときに、自然に指がくるところです。
 
■硬めの音
[音色を聴く]   [画像ON] [画像OFF]
やや金属的で鋭い響きのする音。
スチール弦を張ったギターやハープシコードのような音が欲しいときに使っています。また、アンサンブルでは、他のパートの音から一歩前に抜け出るような感じで、目立たせたいときなどにも使います。
指の位置は、駒にできるだけ近いところで弾きます。
 
■柔らかめの音
[音色を聴く]   [画像ON] [画像OFF]
甘くまろやかでツヤのある響きがする音。
しっとりとした曲のメロディパートには欠かせません。もちろん、バックで弾くアルペジオやオブリガートで使ってもいい味が出せます。木管楽器のような感じでしょうか。
指の位置は、駒から離れた方のサウンドホール端〜12フレットの間ぐらい。
 

 

Be Contenue . . .

(C) 2000 ARCADIA Guitar Ensemble , since 1985