■トレモロ
[音色を聴く]   [画像ON] [画像OFF]
ヴァイオリンでトレモロといえば、弓で小刻みに弦を振るわせる奏法です。
ギターでも、爪を立てて弦を振るわせて弾きます。
しかし、ヴァイオリンと違う点はその使い道でしょう。
ギターは撥弦楽器ですから、ひとつの音を出すとその音はだんだん小さくなってしまいます。音をなが〜く持続させたり、クレッシェンドさせたいときにこのトレモロを使います。
これは、マンドリンも一緒です。

ただしギター独奏にもトレモロ奏法があります。かの有名な「アルハンブラの思い出」で使われていますが、ここで紹介したトレモロとは別の弾き方です。あくまでもアンサンブルで使っているトレモロです。
 

■ピチカート
[音色を聴く]   [画像ON] [画像OFF]
これもヴァイオリンでいえば、弓を使わず指でじかに弦をはじく奏法です。
ギターではもともと指で弾いていますので、響きを抑えるための方法として、手のひらを弦に当てながら弾きます。
つまったような感じでとてもオモシロイ音になります。ジャズのようにベース音として使うと、軽やかなタッチの曲に仕上がります。 また、オーケストラ曲のバスパートをこれで弾くと、どっしりとした重い響きが得られます。

■ハーモニクス
[音色を聴く]   [画像ON] [画像OFF]
ギターを弾き始めた頃、楽譜の解説にあった弾き方を読んでも、どうやればいいのかサッパリ分かりませんでした。(^_^;)
写真のように構えて、a(薬指)で弦を引くと同時に、弦に触れていたi(人差し指)を離します。
ハーモニクスは、オルゴールやグロッケンのような感じの音になります。フレットで押さえられないような高音を出せるのも強みです。
独奏では「アメリアの遺言」や「盗賊の唄」という曲で重要な役割を担っていますが、アンサンブルではあまり用いていません。
私たちが演奏した中では、ビゼーの「パストラーレ」で使ってみました。聴いてみてください。

 

Be Contenue . . .

(C) 2000 ARCADIA Guitar Ensemble , since 1985